奈良、吉野の伝統的な郷土料理の柿の葉ずしをぜひ

文久元年(1861年)創業。吉野上市の老舗。数ある柿の葉ずしの中でも人気の銘店です。川魚やアユのナレずしの製造販売や料理旅館を営み、お客様に郷土料理である柿の葉ずしを提供するようになりました。奈良県産のヒノヒカリ、ネタ、調味料にまでこだわり抜かれた柿の葉ずしは、昔ながら伝統の製法で、ひとつひとつ素朴に丁寧に作られています。海の恵みである魚、山の恵みである柿の葉、そして地の恵みである米が合わさることで生まれる柿の葉ずし。見た目、味わい共に持つ他のすしとは違う魅力を楽しむ事ができます。

こだわり

■奈良県産のヒノヒカリ使用

平宗の柿の葉ずしには、奈良県産のヒノヒカリが使用されています。
豊潤な自然に恵まれる奈良盆地で育てられたヒノヒカリは、粘り、甘み、ツヤともにバランスがよく、また冷めてもおいしいので、柿の葉ずしとの相性は抜群です。

■厳選された柿の葉

平宗で使われている柿の葉は、大きくて柔らかい渋柿の葉が使われています。ひとつひとつ農家の方によって柿の葉ずしに適しているものが厳選され、手摘みされされています。渋柿の葉には抗菌作用が多く含まれ、安心して召し上がる事ができます。

■海、山、地の恵みの調和

渋柿の葉の芳醇な香り、奈良県産ヒノヒカリの素朴ながら深い味わい、新鮮なネタ。それぞれの魅力が合わさった、他のすしでは表現できない、柿の葉ずしならではの味わいが最大の魅力です。

電話番号:03-6848-7271
営業時間:11:00~22:00 (月~金) 11:00~21:00 (土・日・祝)
定休日:元旦、法令点検日

関連するまとめ

【すし屋 銀蔵】新鮮ネタを立ち食いスタイルで!

少し敷居が高く感じる寿司店を、カジュアルに利用できるようにしたい、そんなコンセプトから立ち食いスタイルで提供するお寿司屋の登場です。

onion 編集部 / 1677 view

【新潟 大阪屋】安政5年創業の老舗菓子店。看板商品の「万代太鼓」をはじめ、新潟を代表する銘菓が集結。

創業1858年。海の幸、山の幸、お米、酒、果実など豊富な食材の揃う食の街新潟で、150年以上愛され続けてきた老舗、大阪屋。新潟に所在しながら「大阪」を名乗るのは初代が大阪で菓子修行を行った事が由来とされています。

onion 編集部 / 3581 view

【根室杉山水産 うめぇ堂】新鮮な魚介を根室より直送。海鮮をたっぷり使ったお弁当を楽しむ事ができます。

杉山水産の本社がある根室は、前浜の根室海峡をはじめ、北のオホーツク海、南の太平洋と接する北海道で有数の漁港です。新鮮な海の幸がとれる根室で杉山水産は約40年間続いています。

onion 編集部 / 4573 view

LINE Twitter Facebook

関連するキーワード

キッテグランシェまとめアプリ