丸の内初の洋風事務所建築を復元し、美術館として開館

1894年(明治27年)に、日本政府が招聘した英国人建築家ジョサイア・コンドルによって設計された洋風事務所建築「三菱一号館」を、2009年(平成21年)に当時の設計を元に忠実に復元。2010年春に美術館として開館した。歴史的な都市景観を再現するとともに、その用途を美術館とすることで、丸の内の魅力ある文化交流拠点となっています。


建物自体が芸術品

美術館としては、19世紀後半から20世紀前半の近代美術を主題とした企画展を年3回開催。展示される美術品はもちろんですが、三菱一号館美術館は建物自体がアート作品になっています。ジョサイア・コンドルによって設計された建造物は、老朽化で一旦は解体されましたが、設計図や解体時の実測図、各種文献、写真、保存部材など詳細に調査。手すりの石材を再利用したり、建築技術まで再現するなど、建設当時の姿に忠実に復元されました。


カフェやショップも併設

館内は組み立て式の鉄骨階段が随所に復元されるなど、明治期の面影を感じることができます。また旧銀行営業室の二層吹き抜け空間を利用したカフェ「Café1894」や、オリジナルグッズを販売するショップ「Store1894」、丸の内の歴史を体感できる「歴史資料室」も併設されています。


まとめ

120年前の丸の内に、まるでタイムスリップしたかのようなレンガ造りの建物。展示される美術品を鑑賞する喜びだけでなく、19世紀末開国当時の、日本の近代化を象徴してきた建造物を訪れる楽しさがあります。また、館内にある「三菱センターデジタルギャラリー」では、貴重な国宝や重要文化財、絵画など約120点を高精彩なデジタル画像で楽しむこともできます。

<DATA>
【住所】東京都千代田区丸の内2-6-2
【営業時間】10:00~18:00(祝日を除く金曜・展覧会最終週平日 10:00〜20:00)
【休み】月曜(祝日、振替休日の場合は開館、年末年始・展示替え期間含む)
【アクセス】JR東京駅 丸の内南口より徒歩5分
【駐車場】なし
【HP】http://mimt.jp

※本記事は、2016年4月30日時点の情報です。記事内容が変更になっている場合があります。予めご了承ください。(onion 編集部)

関連するまとめ

【東京駅周辺スポット情報】銀の鈴

東京駅構内の待ち合わせスポットとして50年近い歴史を持つ銀の鈴。時代とともに代替わりを重ね、現在の鈴は4代目にあたります。場所も当初の南乗り換え改札口前から八重洲地下中央口改札内に改められ、毎日たくさんの人が銀の鈴広場を待ち合わせに利用しています。

onion 編集部 / 860 view

【東京駅周辺スポット情報】皇居外苑

皇居外苑地区と北の丸地区の間には皇居内で唯一、一般公開する東御苑があり、一体的な公園として散策や自然観察などにはもってこいです。北の丸地区の一部は、武道館や科学技術館、国立近代美術館などもあり、様々な催事で訪れる際はちょっと足を伸ばしてみましょう。

onion 編集部 / 642 view

【東京駅周辺スポット情報】イセタンサローネメンズ

伝統あるビジネス街ながら新しいものも受け入れる丸の内らしさに溢れる新しいファションラウンジです。「粋」そして「和魂洋才=和の精神性をもって、洋のモノを扱う」をテーマに、クラシックからコンテンポラリーまで幅広くラインナップ。コンシェルジュ機能やシューケア&バッグリペアができる工房も用意されています。

onion 編集部 / 657 view

LINE Twitter Facebook

関連するキーワード

キッテグランシェまとめアプリ