郵便局の歴史を感じられるメモリアルコーナー

1931年(昭和6年)に日本最大級の郵便局として竣工された東京中央郵便局が、日本郵便初となる商業施設「KITTE」として2013年(平成25年)に生まれ変わりました。これに伴い、KITTEを利用される方が創建当時の郵便局長室を体感できるよう設立されたメモリアルコーナーが、旧東京中央郵便局長室です。当時の写真や史料をもとに細かく復元されており、一部には、かつての資材も再利用されています。


創建当時の雰囲気を可能な限り再現

商業施設「KITTE」は、旧東京中央郵便局の局舎を一部保存・再生した部分と新たに建築された部分で構成されています。この旧東京中央郵便局長室は、壁版や廊下側の建具などの一部を一旦取り外し、補修した上で再度設置。特徴的な八角形の柱や壁の傷は当時のままの状態で、照明器具なども史料写真をもとに復元したりと、徹底して当時の雰囲気を再現しています。また、東京駅周辺の歴史を感じさせる写真がモノクロのパネルとして展示されています。


美しい東京駅丸の内駅舎のビュースポット

創建当時の郵便局長室の雰囲気を再現した、旧東京中央郵便局長室に設置された大きな窓から見えるのは、こちらも約100年前の姿で復原された東京駅丸の内駅舎。重要文化財を特等席で眺められる絶好のビュースポットとして、人気を誇っています。


まとめ

約80年も前の雰囲気をできる限り再現したメモリアルコーナーとして、またKITTE内のちょっとした休憩の場所として多くの方に利用されています。平日は21時まで利用可能で、美しくライトアップされた東京駅丸の内駅舎を眺められる絶好のビューポイント。KITTEの洗練されたお店巡りと合わせてぜひとも立ち寄りたいスポットです。

<DATA>
【住所】東京都千代田区丸の内2-7-2 KITTE4F
【営業時間】11:00~21:00(日曜・祝日 11:00〜20:00)
【休み】1月1日及び法定点検日
【アクセス】JR東京駅 丸の内南口より徒歩約1分
【駐車場】丸の内パークイン(4.5時間まで300円/30分、4.5時間~12時間まで2,700円、12~16時間まで2,700円+300円/30分、16~24時間まで5,100円)

※本記事は、2016年4月30日時点の情報です。記事内容が変更になっている場合があります。予めご了承ください。(onion 編集部)

関連するまとめ

【東京駅周辺スポット情報】新丸ビル

丸ビルと並び、丸の内再構築の要となる高層ビル。地下1階から地上7階までの商業エリアは大人向けのショップが展開され、丸ビルとの差別化が図られています。東京駅と地下直結しているので利便性も高い商業施設です。

onion 編集部 / 742 view

【東京駅周辺スポット情報】東京駅一番街

東京駅は東海道新幹線など新幹線各線の始点となる駅であり、地方から多くの観光客や出張者をお出迎えしてきた玄関口となる駅です。東京駅一番街になってからは、フロアごとの特色やコンセプトを明確に打ちだし、外国人を含め多くの人々に愛されています。

onion 編集部 / 547 view

【東京駅周辺スポット情報】大丸東京店

2007年(平成19年)に現在地へと移転オープンした東京駅直結の百貨店。日用品からハイブランドまで揃うショッピングフロアはもちろん、お惣菜やスイーツが人気の食品街「ほっぺタウン」や東京駅界隈を一望できる上層階のレストランなど、大丸東京店は様々な魅力にあふれています。

onion 編集部 / 659 view

LINE Twitter Facebook

関連するキーワード

キッテグランシェまとめアプリ