四季折々の風情ある景色も魅力 

1949年(昭和24年)、旧皇室苑地の一部が国民公園として解放され、皇居外苑となりました。皇居前広場を中心に、旧近衛連隊の跡地を森林として整備した北の丸地区と、江戸城のたたずまいを残す濠が取り巻く皇居外周地区からなり、総面積は約115万㎡あります。濠の水面部分は12箇所で約37万㎡と、苑地全体の約3分の1を占めます。


数々の歴史が眠る観光スポット

内堀通りから皇居側の玉砂利広場約4万5353㎡と、芝生緑地約14万3034㎡からなる皇居前広場。江戸城の南東を守るために埋め立てられ、「西の丸下」と呼ばれるように。幕府老中として外国公使と交渉した安藤対馬守や、松平下総守、諏訪出雲守などの有力大名の江戸屋敷は、明治時代には官庁の庁舎や兵舎などにも使われました。


緑と水に囲まれる憩いの公園

爽やかな涼を求めて多くの人が集う和田倉噴水公園。1961年(昭和36年)に今上天皇のご結婚を記念して大噴水が作られました。さらに1995年(平成7年)、皇太子殿下のご結婚を機に「継続と新たな発展」のテーマで再整備。高さ8.5mに吹き上げる大噴水や幅30mの滝、球体噴水のモニュメントなど、長さ40m余りの流水施設が見物です。公園全体が見渡せるガラス張りの休憩所や、皇居外苑の自然を解説するコーナーもあります。


まとめ

皇居外苑地区と北の丸地区の間には皇居内で唯一、一般公開する東御苑があり、一体的な公園として散策や自然観察などにはもってこいです。北の丸地区の一部は、武道館や科学技術館、国立近代美術館などもあり、様々な催事で訪れる際はちょっと足を伸ばしてみましょう。

<DATA>
【住所】東京都千代田区皇居外苑1-1
【営業時間】通常開放(国家行事等に伴う特別警備で利用規制あり)
【休み】無休(国家行事等に伴う特別警備で利用規制あり)
【アクセス】JR東京駅より徒歩15分
【駐車場】北の丸駐車場第一~第三505台(普通車3時間まで400円、以後は100円/1時間:大型車3時間まで1,000円、以降は200円/1時間)
【HP】https://www.env.go.jp/garden/kokyogaien/

「写真提供元:環境省皇居外苑管理事務所」

※本記事は、2016年4月30日時点の情報です。記事内容が変更になっている場合があります。予めご了承ください。(onion 編集部)

関連するまとめ

【東京駅周辺スポット情報】東京キャラクターストリート

「東京キャラクターストリート」は、子どもと一緒に時間を忘れてショッピングを楽しめる場所。歌舞伎グッズ専門店もあり、親子3世代で訪れても楽しめます。一部の店舗では東京駅限定アイテムも取り扱っており、東京土産を探す際にもおすすめです。

onion 編集部 / 1399 view

【東京駅周辺スポット情報】東京駅

旅行やビジネスの拠点として毎日およそ70万人(2014年度平均)の利用者を誇る。復原工事が行われ、今も約100年前の荘厳な姿を湛えています。夜間にはライトアップされ、丸の内の夜景に華やかさを与えています。

onion 編集部 / 700 view

【東京駅周辺スポット情報】インターメディアテク

建物自体がアートのようだった東京中央郵便局の雰囲気を大切にした、ユニークな博物館です。「昭和モダニズム」を意識した展示スタイルは斬新で、展示数も見応え十分。それでいて入場料は無料で、東京駅丸の内南口すぐという立地なので、待ち合わせなどにも便利です。知的な時間を過ごせるスポットとして新たな観光名所になりそうです。

onion 編集部 / 1687 view

LINE Twitter Facebook

関連するキーワード

キッテグランシェまとめアプリ