東京駅舎内にある美術館

1914年(大正3年)開業当時の姿を、2012年(平成24年)に復原された東京駅の丸の内駅舎。2003年(平成15年)には重要文化財に指定された、赤レンガ造りの荘厳な駅舎内にある美術館が、東京ステーションギャラリーです。駅を単なる通過点ではなく、香り高き文化の場所にとの願いが込められ、1988年(昭和63年)にオープンしました。近代美術を中心に、現代アートや鉄道など、幅広いテーマの展覧会を開催しています。

ギャラリー内部は創建当時のレンガ壁

東京ステーションギャラリーの2階内部は、ほとんどがレンガ壁で作られています。しかもそのレンガ壁は開業当時のレンガ壁をできるだけ残しており(保護のため、手を触れることはできません)、近代建築の父と呼ばれた辰野金吾氏の設計による丸の内駅舎の歴史を感じられる施設となっています。建物が重要文化財のため、美術館自体がひとつの芸術作品のような存在。レンガ壁が間近に見える美しい階段を利用して、3階から2階へと展示される美術品を鑑賞することができます。

施設内から見える丸の内北口ドーム

東京ステーションギャラリーは展示される美術品を観覧できるだけでなく、歴史ある丸の内駅舎の北口ドーム内を行き交う人々の様子を回廊から眺めることもできます。また、普段の東京駅だけを利用する際には入ることができないスペースから、ドームを支える柱の細工など東京駅丸の内駅舎の歴史と美しさを存分に味わえます。

まとめ

重要文化財となっている東京丸の内駅舎を身近に感じられる、東京ステーションギャラリー。創建当時のレンガ壁が独自の世界観を生み出す、オリジナリティあふれる美術館です。幅広いテーマの企画展を開催する文化芸術の場としてはもちろんのこと、駅舎内部を眺める東京駅のビュースポットとしても魅力的です。

<DATA>
【住所】東京都千代田区丸の内1-9-1
【営業時間】10:00~18:00(金曜 10:00〜20:00)※入館は開館30分前まで
【休み】月曜(祝日の場合は火曜)、年末年始、展示替期間
【アクセス】JR東京駅丸の内北口改札前
【HP】http://www.ejrcf.or.jp/gallery/

※本記事は、2016年4月30日時点の情報です。記事内容が変更になっている場合があります。予めご了承ください。(onion 編集部)

関連するまとめ

【東京駅周辺スポット情報】イセタンサローネメンズ

伝統あるビジネス街ながら新しいものも受け入れる丸の内らしさに溢れる新しいファションラウンジです。「粋」そして「和魂洋才=和の精神性をもって、洋のモノを扱う」をテーマに、クラシックからコンテンポラリーまで幅広くラインナップ。コンシェルジュ機能やシューケア&バッグリペアができる工房も用意されています。

onion 編集部 / 609 view

【東京駅周辺スポット情報】旧東京中央郵便局室

約80年も前の雰囲気をできる限り再現したメモリアルコーナーとして、またKITTE内のちょっとした休憩の場所として多くの方に利用されています。平日は21時まで利用可能で、美しくライトアップされた東京駅丸の内駅舎を眺められる絶好のビューポイント。KITTEの洗練されたお店巡りと合わせてぜひとも立ち寄りたいスポットです。

onion 編集部 / 653 view

【東京駅周辺スポット情報】東京国際フォーラム

旧東京都庁舎の跡地に建設されたコンベンション&アートセンター。大小8つのホールと34の会議室などからなる総合的な文化施設で、国際会議やコンサート、展示会など、幅広いジャンルのイベントが一年を通じて開催されています。シンボリックな建物は世界都市“東京”を代表するランドマークのひとつです。

onion 編集部 / 604 view

LINE Twitter Facebook

関連するキーワード

キッテグランシェまとめアプリ