日本で初めての洋式劇場

「帝劇」の略称で親しまれる帝国劇場は、日本初の洋式劇場として1911年(明治44年)に開場。ルネサンス様式を基調とした瀟洒な4階建ての建物で、オペラから歌舞伎まで、和洋折衷、古典新派を問わず、幅広い演目を上演していました。

火災で焼失も翌年に復興

白色レンガを使用した美しい建物は、当時としては珍しく防災対策がされていたため、関東大震災の激しい揺れにも耐えましたが、近隣の火事が燃え移り焼失してしまいました。大改修の末、1924年(大正13年)に復興し営業を再開。その後、経営権が松竹に移り一時的に映画の上映が中心になりましたが、1939年(昭和14年)に東宝の手に渡ると元の演劇主体の劇場に戻りました。


帝劇ビルの隠された“深い”構造

現在の帝国劇場は1966年(昭和41年)に建て替えられたものです。地上9階、地下6階建ての建物は帝劇ビルと名付けられ、1~3階までを帝国劇場として使用しています。驚くべきは「奈落」と呼ばれる舞台下のスペースで、地下6階まで貫かれています。また、威厳に満ちた内装も帝国劇場の魅力のひとつ。赤を基調に黒と金をあしらい、重厚かつ気品溢れる雰囲気でまとめられています。


まとめ

日本初の洋式劇場としてスタートし、現在のビルに建て替えられてから50年。常に最新の舞台装置が投入され、定番の名作からジャニーズまで幅広いジャンルの演目が上演されています。多様な演劇はもちろん、帝劇ビルのクラシカルな佇まいや荘厳な内装も必見です。

<DATA>
【住所】東京都千代田区丸の内3-1-1
【営業時間】チケット窓口 10:00~18:00
【休み】※公式情報ナシ
【アクセス】JR有楽町駅より徒歩3分
【駐車場】丸の内パークイン(4.5時間まで300円/30分、4.5時間~12時間まで2,700円、12~16時間まで2,700円+300円/30分、16~24時間まで5,100円)
【HP】http://www.toho.co.jp/stage/teigeki

※本記事は、2016年4月30日時点の情報です。記事内容が変更になっている場合があります。予めご了承ください。(onion 編集部)

関連するまとめ

【東京駅周辺スポット情報】東京おかしランド

誰もが知っているお菓子メーカーのアンテナショップは、大人でもつい笑顔になってしまうほどかわいらしい店舗デザインやディスプレイが特徴。誰もが、見て選んで食べて楽しめる東京おかしランドは、ワクワクがいっぱい詰まった空間です。

onion 編集部 / 987 view

【東京駅周辺スポット情報】旧東京中央郵便局室

約80年も前の雰囲気をできる限り再現したメモリアルコーナーとして、またKITTE内のちょっとした休憩の場所として多くの方に利用されています。平日は21時まで利用可能で、美しくライトアップされた東京駅丸の内駅舎を眺められる絶好のビューポイント。KITTEの洗練されたお店巡りと合わせてぜひとも立ち寄りたいスポットです。

onion 編集部 / 778 view

【東京駅周辺スポット情報】三菱一号館美術館

120年前の丸の内に、まるでタイムスリップしたかのようなレンガ造りの建物。展示される美術品を鑑賞する喜びだけでなく、19世紀末開国当時の、日本の近代化を象徴してきた建造物を訪れる楽しさがあります。また、館内にある「三菱センターデジタルギャラリー」では、貴重な国宝や重要文化財、絵画など約120点を高精彩なデジタル画像で楽しむこともできます。

onion 編集部 / 663 view

LINE Twitter Facebook

関連するキーワード

キッテグランシェまとめアプリ