大正時代に初代丸ビルが誕生

丸ビルの前身は1923年(大正12年)に三菱地所により建てられた丸ノ内ビルヂング。地上8階、地下1階(後に地上9階、地下2階に増築)で、オフィスビルにショッピングモールの機能を持たせた「商業施設」の先駆けとしてオープン。昭和初期では最大規模を誇り、「東洋一のビル」と呼ばれていたこともあります。

丸の内再構築を牽引

丸の内は日本有数のビジネス街だったため、土曜、日曜など休日になると静かな街でした。そこで丸の内エリアに観光客や買い物客を増やし丸の内を盛り上げる目的で、三菱地所が1998年(平成10年)年に「丸の内再構築」を発表。丸ノ内ビルヂングは1999年(平成11年)に取り壊され、2002年(平成14年)に丸ビルが竣工しました。

国内、海外の最先端の店が集結

高さ180m、地上36階建ての丸ビルにはオフィスが入っていますが、地下1階~6階、35階、36階には、ビルで働く人はもちろん、丸ビルを目指して訪れたくなる多彩なショップや話題のレストランなどが集結。丸の内スタイルを提案するファッショングッズやインテリア雑貨などのショップが揃い、ショッピングを楽しめます。また、東京の夜景が一望できる高層レストランや東京駅舎が眺められるレストランなど、丸ビルならではの景色が堪能できるレストランも人気です。

まとめ

丸の内エリアを代表するランドマークビル。国内外からセレクトされた高感度なファッションや雑貨、駅舎ビューレストランなどハイクオリティとバラエティに富んだ約140店舗が集結しています。

<DATA>
【住所】東京都千代田区丸の内2-4-1
【営業時間】ショップ11:00~21:00、日曜・祝日~20:00
※一部店舗は平日7:00~
レストラン11:00~23:00、日曜・祝日~22:00
※一部店舗は平日7:30~
【休み】年中無休(1月1日、法定点検日を除く)
【アクセス】JR東京駅より徒歩1分
【駐車場】丸の内パークイン(4.5時間まで300円/30分、4.5時間~12時間まで2,700円、12~16時間まで2,700円+300円/30分、16~24時間まで5,100円)
※提携サービスあり(一部対象外の店舗がございます)
【HP】http://www.marunouchi.com/top/marubiru

※本記事は、2016年4月30日時点の情報です。記事内容が変更になっている場合があります。予めご了承ください。(onion 編集部)

関連するまとめ

【東京駅周辺スポット情報】帝国劇場

日本初の洋式劇場としてスタートし、現在のビルに建て替えられてから50年。常に最新の舞台装置が投入され、定番の名作からジャニーズまで幅広いジャンルの演目が上演されています。多様な演劇はもちろん、帝劇ビルのクラシカルな佇まいや荘厳な内装も必見です。

onion 編集部 / 1641 view

【東京駅周辺スポット情報】三菱一号館美術館

120年前の丸の内に、まるでタイムスリップしたかのようなレンガ造りの建物。展示される美術品を鑑賞する喜びだけでなく、19世紀末開国当時の、日本の近代化を象徴してきた建造物を訪れる楽しさがあります。また、館内にある「三菱センターデジタルギャラリー」では、貴重な国宝や重要文化財、絵画など約120点を高精彩なデジタル画像で楽しむこともできます。

onion 編集部 / 608 view

【東京駅周辺スポット情報】東京ステーションギャラリー

重要文化財となっている東京丸の内駅舎を身近に感じられる、東京ステーションギャラリー。創建当時のレンガ壁が独自の世界観を生み出す、オリジナリティあふれる美術館です。幅広いテーマの企画展を開催する文化芸術の場としてはもちろんのこと、駅舎内部を眺める東京駅のビュースポットとしても魅力的です。

onion 編集部 / 606 view

LINE Twitter Facebook

関連するキーワード

キッテグランシェまとめアプリ