日本初!お菓子のアンテナショップをテーマにしたエリア

2012年(平成24年)、東京駅八重洲地下中央改札口のほぼ正面にオープンした東京おかしランド。「カルビー」「江崎グリコ」「森永製菓」という、日本を代表する大手菓子メーカー3社のアンテナショップが集合した“日本初”のお菓子をテーマにしたエリアを立ち上げました。さらに、東京おかしランド内のイベントスペースで開かれる期間限定ショップにも注目です。

お菓子のできるまでを見学できる

東京おかしランドの特徴は何でしょう? それは、「カルビープラス」や「ぐりこ・や Kitchen」に置かれたまるで工場のような店内キッチンと、そこで作られたできたてお菓子の販売です。「カルビープラス」では、工場さながらの製法でポテトチップスができあがる様子をガラス越しに見学でき、揚げたてポテトチップスにソフトクリームとチョコソースが添えられた限定メニューを味わうことができます。ほかにも人気商品のじゃがりこをイメージしたフライドポテト「ポテりこ®」や、地域限定のじゃがりこなども販売中です。



ここでしか買えない限定味も要チェック

できたてのアーモンドチョコレートが人気の「ぐりこ・や Kitchen」。店内で香ばしく焙煎したカリフォルニア産アーモンドをチョコレートでコーティングし、ココアパウダーを贅沢にふりかけたここでしか味わえない商品。お土産コーナーでは、カットしていない全長25cmほどの「コロン棒」が売れ筋です。「森永のおかしなおかし屋さん」では、アンテナショップ限定のお菓子やキョロちゃんのオリジナル文具など充実の品揃え。なかでも、ロングセラー商品のDARSを使ったフォンダンショコラは電子レンジで温めると中のDARSがとろ~りとろけるおいしさで人気商品となっています。


まとめ

誰もが知っているお菓子メーカーのアンテナショップは、大人でもつい笑顔になってしまうほどかわいらしい店舗デザインやディスプレイが特徴。誰もが、見て選んで食べて楽しめる東京おかしランドは、ワクワクがいっぱい詰まった空間です。

<DATA>
【住所】東京都千代田区丸の内1-9-1 東京駅一番街地下1階
【営業時間】9:00~21:00
【休み】無休
【アクセス】JR東京駅より直結
【駐車場】なし
【HP】http://www.tokyoeki-1bangai.co.jp/street/okashi

※本記事は、2016年4月30日時点の情報です。記事内容が変更になっている場合があります。予めご了承ください。(onion 編集部)

関連するまとめ

【東京駅周辺スポット情報】銀の鈴

東京駅構内の待ち合わせスポットとして50年近い歴史を持つ銀の鈴。時代とともに代替わりを重ね、現在の鈴は4代目にあたります。場所も当初の南乗り換え改札口前から八重洲地下中央口改札内に改められ、毎日たくさんの人が銀の鈴広場を待ち合わせに利用しています。

onion 編集部 / 860 view

【東京駅周辺スポット情報】東京シティアイ

国内外のツーリストにとって、見どころが豊富な東京の情報が手に入り、かつ手配業務まで提供してもらえる総合インフォメーションセンターは非常に便利な存在です。また、観光案内だけでなく、外国人向けビジネス相談窓口まで開設されているのは、ビジネス目的の訪日外国人にとって嬉しいところ。東京駅前広場から地下道で直結とアクセスも良いので、ツーリスト以外にも利用してほしい、総合インフォメーションセンターです。

onion 編集部 / 975 view

【東京駅周辺スポット情報】旧東京中央郵便局室

約80年も前の雰囲気をできる限り再現したメモリアルコーナーとして、またKITTE内のちょっとした休憩の場所として多くの方に利用されています。平日は21時まで利用可能で、美しくライトアップされた東京駅丸の内駅舎を眺められる絶好のビューポイント。KITTEの洗練されたお店巡りと合わせてぜひとも立ち寄りたいスポットです。

onion 編集部 / 714 view

LINE Twitter Facebook

関連するキーワード

キッテグランシェまとめアプリ