日本初!お菓子のアンテナショップをテーマにしたエリア

2012年(平成24年)、東京駅八重洲地下中央改札口のほぼ正面にオープンした東京おかしランド。「カルビー」「江崎グリコ」「森永製菓」という、日本を代表する大手菓子メーカー3社のアンテナショップが集合した“日本初”のお菓子をテーマにしたエリアを立ち上げました。さらに、東京おかしランド内のイベントスペースで開かれる期間限定ショップにも注目です。

お菓子のできるまでを見学できる

東京おかしランドの特徴は何でしょう? それは、「カルビープラス」や「ぐりこ・や Kitchen」に置かれたまるで工場のような店内キッチンと、そこで作られたできたてお菓子の販売です。「カルビープラス」では、工場さながらの製法でポテトチップスができあがる様子をガラス越しに見学でき、揚げたてポテトチップスにソフトクリームとチョコソースが添えられた限定メニューを味わうことができます。ほかにも人気商品のじゃがりこをイメージしたフライドポテト「ポテりこ®」や、地域限定のじゃがりこなども販売中です。



ここでしか買えない限定味も要チェック

できたてのアーモンドチョコレートが人気の「ぐりこ・や Kitchen」。店内で香ばしく焙煎したカリフォルニア産アーモンドをチョコレートでコーティングし、ココアパウダーを贅沢にふりかけたここでしか味わえない商品。お土産コーナーでは、カットしていない全長25cmほどの「コロン棒」が売れ筋です。「森永のおかしなおかし屋さん」では、アンテナショップ限定のお菓子やキョロちゃんのオリジナル文具など充実の品揃え。なかでも、ロングセラー商品のDARSを使ったフォンダンショコラは電子レンジで温めると中のDARSがとろ~りとろけるおいしさで人気商品となっています。


まとめ

誰もが知っているお菓子メーカーのアンテナショップは、大人でもつい笑顔になってしまうほどかわいらしい店舗デザインやディスプレイが特徴。誰もが、見て選んで食べて楽しめる東京おかしランドは、ワクワクがいっぱい詰まった空間です。

<DATA>
【住所】東京都千代田区丸の内1-9-1 東京駅一番街地下1階
【営業時間】9:00~21:00
【休み】無休
【アクセス】JR東京駅より直結
【駐車場】なし
【HP】http://www.tokyoeki-1bangai.co.jp/street/okashi

※本記事は、2016年4月30日時点の情報です。記事内容が変更になっている場合があります。予めご了承ください。(onion 編集部)

関連するまとめ

【東京駅周辺スポット情報】皇居外苑

皇居外苑地区と北の丸地区の間には皇居内で唯一、一般公開する東御苑があり、一体的な公園として散策や自然観察などにはもってこいです。北の丸地区の一部は、武道館や科学技術館、国立近代美術館などもあり、様々な催事で訪れる際はちょっと足を伸ばしてみましょう。

onion 編集部 / 506 view

【東京駅周辺スポット情報】インターメディアテク

建物自体がアートのようだった東京中央郵便局の雰囲気を大切にした、ユニークな博物館です。「昭和モダニズム」を意識した展示スタイルは斬新で、展示数も見応え十分。それでいて入場料は無料で、東京駅丸の内南口すぐという立地なので、待ち合わせなどにも便利です。知的な時間を過ごせるスポットとして新たな観光名所になりそうです。

onion 編集部 / 1067 view

【東京駅周辺スポット情報】グランルーフ

多種多様な飲食店が揃い、食を通じて「日本」と「世界」の文化を発信するグランルーフ。隣接しているグランルーフ フロントにはバラエティ豊かにお店が並び、両施設は東京らしい「先進的かつ進化する日常」を体感できるスポットとなっています。

onion 編集部 / 645 view

LINE Twitter Facebook

関連するキーワード

キッテグランシェまとめアプリ