東京駅八重洲口を代表するショッピング街

八重洲地下街や大丸東京店とともに東京駅八重洲口の商業エリアを代表する東京駅一番街。地上2階、地下1階の構造になっており、東京駅の日本橋口から八重洲南口までをカバーするほどの長いフロアが特徴です。飲食だけでなく、土産物店やコンセプトショップも充実し、近年は外国人観光客の姿も多く見られます。

老若男女問わず楽しめる商店街

2005年(平成17年)、大手町・丸の内・有楽町地区の再開発計画に合わせて、東京駅一番街に生まれ変わりました。「東京でNo.1のクオリティを提供する、オンリー1の商店街でありたい」という思いが名前の「一番」に込められています。7つの飲食店が入る2階「ごちそうプラザ」、1階にはスターバックスコーヒーやユニクロをはじめ、定番和菓子から最新スイーツまで約30の東京土産を集めた「TOKYO Me+」などが入ります。

地下1階はテーマ別に楽しめる専門店街

さらに多彩な専門店が立ち並び、連日どの時間帯に訪れても人の多い地下1階フロア。テレビ番組グッズやキャラクターグッズの専門店がひしめく「東京キャラクターストリート」は、親子連れなどでにぎわいます。大手菓子メーカーのアンテナショップが並ぶ「東京おかしランド」では、ガラス張りのキッチンでお菓子が作られる様子を見学できます。八重洲南口寄りにあるのが「東京ラーメンストリート」。こちらでは「六厘舎」や「ソラノイロ・NIPPON」といった都内で人気のラーメンを味わうことができます。

まとめ

東京駅は東海道新幹線など新幹線各線の始点となる駅であり、地方から多くの観光客や出張者をお出迎えしてきた玄関口となる駅です。東京駅一番街になってからは、フロアごとの特色やコンセプトを明確に打ちだし、外国人を含め多くの人々に愛されています。

<DATA>
【住所】東京都千代田区丸の内1-9-1
【営業時間】10:00~20:00、2階レストラン11:00~22:00 ※店舗により異なります。
【休み】無休
【アクセス】JR東京駅より直結
【駐車場】なし
【HP】http://www.tokyoeki-1bangai.co.jp/


※本記事は、2016年4月30日時点の情報です。記事内容が変更になっている場合があります。予めご了承ください。(onion 編集部)

関連するまとめ

【東京駅周辺スポット情報】銀の鈴

東京駅構内の待ち合わせスポットとして50年近い歴史を持つ銀の鈴。時代とともに代替わりを重ね、現在の鈴は4代目にあたります。場所も当初の南乗り換え改札口前から八重洲地下中央口改札内に改められ、毎日たくさんの人が銀の鈴広場を待ち合わせに利用しています。

onion 編集部 / 919 view

【東京駅周辺スポット情報】グランルーフ

多種多様な飲食店が揃い、食を通じて「日本」と「世界」の文化を発信するグランルーフ。隣接しているグランルーフ フロントにはバラエティ豊かにお店が並び、両施設は東京らしい「先進的かつ進化する日常」を体感できるスポットとなっています。

onion 編集部 / 911 view

【東京駅周辺スポット情報】皇居外苑

皇居外苑地区と北の丸地区の間には皇居内で唯一、一般公開する東御苑があり、一体的な公園として散策や自然観察などにはもってこいです。北の丸地区の一部は、武道館や科学技術館、国立近代美術館などもあり、様々な催事で訪れる際はちょっと足を伸ばしてみましょう。

onion 編集部 / 713 view

LINE Twitter Facebook

関連するキーワード

キッテグランシェまとめアプリ