300年の歴史を持つ老舗百貨店

大丸は近畿発祥の老舗百貨店。その歴史は古く、前身となる京都伏見の呉服店は1717年(享保2年)に創業されています。1728年(享保13年)には名古屋進出を果たし、それに伴い初めて「大丸」の文字が付く名称になりました。関東では1743年(寛保3年)に日本橋の大伝馬町に江戸店を開店したのが最初。大消費地だったこともあり江戸店は成功をおさめ、日本屈指の大店として発展しました。


東京再進出。そして移転へ

1910(明治43年)に江戸店を閉店した大丸が再び東京進出を果たしたのは1954年(昭和29年)のこと。東京駅八重洲口の駅ビル(鉄道会館 八重洲本館)に東京店を開店しました。戦後の経済復興とともに業績を伸ばした東京店ですが、同ビルの取り壊しのため2007年(平成19年)に現在のグラントウキョウノースタワーへと移転して再オープンしました。


百貨店らしい多彩な品揃え

地上42階、地下3階建てのグラントウキョウノースタワーのうち、大丸東京店は地上13階から地下1階まで。地下1階と1階は食品が扱われ、2階~11階は厳選されたブランドショップをはじめ、コスメからアクセサリー、服飾、リビングまで多彩に揃います。12階および13階はレストランフロアで、様々なジャンルの名店が立ち並びます。


まとめ

2007年(平成19年)に現在地へと移転オープンした東京駅直結の百貨店。日用品からハイブランドまで揃うショッピングフロアはもちろん、お惣菜やスイーツが人気の食品街「ほっぺタウン」や東京駅界隈を一望できる上層階のレストランなど、大丸東京店は様々な魅力にあふれています。


<DATA>
【住所】東京都千代田区丸の内1-9-1
【営業時間】B1~1F 10:00~21:00、土曜・日曜・祝日~20:00
2F~11F 10:00~20:00、木曜・金曜~21:00
12F 11:00~23:00
13F 11:00~24:00
※13Fは貸切のため一般営業を中止することがあります
【休み】年中無休(1月1日を除く)
【アクセス】JR東京駅八重洲北口直結
【駐車場】東京駅八重洲パーキング 西駐車場・東駐車場(3,000円以上利用で2時間無料、超過は320円/30分、630円/時間)
丸の内パークイン(4.5時間まで300円/30分、4.5時間〜12時間まで2,700円、12〜16時間まで2,700円+30分/300円、16〜24時間まで5,100円)
※提携サービスあり(一部対象外の店舗がございます)
【HP】http://www.daimaru.co.jp/tokyo

※本記事は、2016年4月30日時点の情報です。記事内容が変更になっている場合があります。予めご了承ください。(onion 編集部)

関連するまとめ

【東京駅周辺スポット情報】銀の鈴

東京駅構内の待ち合わせスポットとして50年近い歴史を持つ銀の鈴。時代とともに代替わりを重ね、現在の鈴は4代目にあたります。場所も当初の南乗り換え改札口前から八重洲地下中央口改札内に改められ、毎日たくさんの人が銀の鈴広場を待ち合わせに利用しています。

onion 編集部 / 860 view

【東京駅周辺スポット情報】東京キャラクターストリート

「東京キャラクターストリート」は、子どもと一緒に時間を忘れてショッピングを楽しめる場所。歌舞伎グッズ専門店もあり、親子3世代で訪れても楽しめます。一部の店舗では東京駅限定アイテムも取り扱っており、東京土産を探す際にもおすすめです。

onion 編集部 / 1229 view

【東京駅周辺スポット情報】鉃鋼ビルディング

戦後初の高層ビルとして有名だった鉃鋼ビルディングが、快適性や防災性能を高めてリニューアル。14路線が利用可能な東京駅に隣接する好立地に加え、二つの国際空港へのリムジンバス発着所を設置されたことで、ビジネスはもちろん、旅行などの利用にもさらに便利になりました。商業施設内にはコンビニや飲食店、クリニックや郵便局まであり、今後さらに利用する機会が増えそうです。

onion 編集部 / 653 view

LINE Twitter Facebook

関連するキーワード

キッテグランシェまとめアプリ