300年の歴史を持つ老舗百貨店

大丸は近畿発祥の老舗百貨店。その歴史は古く、前身となる京都伏見の呉服店は1717年(享保2年)に創業されています。1728年(享保13年)には名古屋進出を果たし、それに伴い初めて「大丸」の文字が付く名称になりました。関東では1743年(寛保3年)に日本橋の大伝馬町に江戸店を開店したのが最初。大消費地だったこともあり江戸店は成功をおさめ、日本屈指の大店として発展しました。


東京再進出。そして移転へ

1910(明治43年)に江戸店を閉店した大丸が再び東京進出を果たしたのは1954年(昭和29年)のこと。東京駅八重洲口の駅ビル(鉄道会館 八重洲本館)に東京店を開店しました。戦後の経済復興とともに業績を伸ばした東京店ですが、同ビルの取り壊しのため2007年(平成19年)に現在のグラントウキョウノースタワーへと移転して再オープンしました。


百貨店らしい多彩な品揃え

地上42階、地下3階建てのグラントウキョウノースタワーのうち、大丸東京店は地上13階から地下1階まで。地下1階と1階は食品が扱われ、2階~11階は厳選されたブランドショップをはじめ、コスメからアクセサリー、服飾、リビングまで多彩に揃います。12階および13階はレストランフロアで、様々なジャンルの名店が立ち並びます。


まとめ

2007年(平成19年)に現在地へと移転オープンした東京駅直結の百貨店。日用品からハイブランドまで揃うショッピングフロアはもちろん、お惣菜やスイーツが人気の食品街「ほっぺタウン」や東京駅界隈を一望できる上層階のレストランなど、大丸東京店は様々な魅力にあふれています。


<DATA>
【住所】東京都千代田区丸の内1-9-1
【営業時間】B1~1F 10:00~21:00、土曜・日曜・祝日~20:00
2F~11F 10:00~20:00、木曜・金曜~21:00
12F 11:00~23:00
13F 11:00~24:00
※13Fは貸切のため一般営業を中止することがあります
【休み】年中無休(1月1日を除く)
【アクセス】JR東京駅八重洲北口直結
【駐車場】東京駅八重洲パーキング 西駐車場・東駐車場(3,000円以上利用で2時間無料、超過は320円/30分、630円/時間)
丸の内パークイン(4.5時間まで300円/30分、4.5時間〜12時間まで2,700円、12〜16時間まで2,700円+30分/300円、16〜24時間まで5,100円)
※提携サービスあり(一部対象外の店舗がございます)
【HP】http://www.daimaru.co.jp/tokyo

※本記事は、2016年4月30日時点の情報です。記事内容が変更になっている場合があります。予めご了承ください。(onion 編集部)

関連するまとめ

【東京駅周辺スポット情報】東京シティアイ

国内外のツーリストにとって、見どころが豊富な東京の情報が手に入り、かつ手配業務まで提供してもらえる総合インフォメーションセンターは非常に便利な存在です。また、観光案内だけでなく、外国人向けビジネス相談窓口まで開設されているのは、ビジネス目的の訪日外国人にとって嬉しいところ。東京駅前広場から地下道で直結とアクセスも良いので、ツーリスト以外にも利用してほしい、総合インフォメーションセンターです。

onion 編集部 / 755 view

【東京駅周辺スポット情報】旧東京中央郵便局室

約80年も前の雰囲気をできる限り再現したメモリアルコーナーとして、またKITTE内のちょっとした休憩の場所として多くの方に利用されています。平日は21時まで利用可能で、美しくライトアップされた東京駅丸の内駅舎を眺められる絶好のビューポイント。KITTEの洗練されたお店巡りと合わせてぜひとも立ち寄りたいスポットです。

onion 編集部 / 537 view

【東京駅周辺スポット情報】新丸ビル

丸ビルと並び、丸の内再構築の要となる高層ビル。地下1階から地上7階までの商業エリアは大人向けのショップが展開され、丸ビルとの差別化が図られています。東京駅と地下直結しているので利便性も高い商業施設です。

onion 編集部 / 742 view

LINE Twitter Facebook

関連するキーワード

キッテグランシェまとめアプリ