和洋折衷で荘厳な丸の内の駅舎

新橋と上野を結ぶ高架鉄道の中央停車場として計画された東京駅が開業したのは1914年(大正3年)のこと。皇居の正面にあたる丸の内に、地上3階、地下1階建ての赤レンガ造りの荘厳な駅舎が建設されました。ルネサンス建築の駅舎の南北にはドーム天井を持つ八角形の大広間があり、内部には十二支や兜、鎧といった日本的なデザインの装飾が施されました。


戦災からの修復工事で2階建てに

1919年(大正8年)に中央本線が、1925年(大正14年)に東北本線が乗り入れ、徐々に発展していく東京駅。1929年(昭和4年)には八重洲口が完成しましたが、東京大空襲により東京駅は甚大な被害を受けました。戦後の修復工事では焼失の激しかった3階部分は取り除かれ、南北のドーム天井も丸型から台形に変更。丸の内駅舎は創建当初とは異なる外観になりました。


保存・復原により創建当初の姿に

東海道新幹線の開業、東北新幹線の乗り入れなど拡大、発展を重ねてきた東京駅には、修復工事だけでは不十分であると建て替えの計画がありました。2003年(平成15年)に重要文化財に指定されたこともあり、その計画は「保存・復原」という方針に。2012年(平成24年)に工事が完了し、約100年前の東京駅の姿が再現されました。あわせて東京ステーションホテルと東京ステーションギャラリーも再オープンしています。


まとめ

旅行やビジネスの拠点として毎日およそ70万人(2014年度平均)の利用者を誇る。復原工事が行われ、今も約100年前の荘厳な姿を湛えています。夜間にはライトアップされ、丸の内の夜景に華やかさを与えています。

<DATA>
【住所】東京都千代田区丸の内1-9-1
【営業時間】初電~終電
※ライトアップは日没~21:00
【休み】年中無休
【アクセス】JR東京駅
【駐車場】36台(1,200円/1時間 延長600円/30分) ※東京ステーションホテル
【HP】https://www.jreast.co.jp/tokyostation

※本記事は、2016年4月30日時点の情報です。記事内容が変更になっている場合があります。予めご了承ください。(onion 編集部)

関連するまとめ

【東京駅周辺スポット情報】グラングルメ

この3つの施設の最大の魅力は、東京駅構内にあり、バラエティ豊かな飲食店が揃い、気分や時間、予算に合わせてお店を選べること。移動時間の合間に手軽に食事を済ませることも、ご家族や友人たちとの楽しいディナーを味わうこともできるスポットとして、非常に便利なグルメエリアです。

onion 編集部 / 1633 view

【東京駅周辺スポット情報】銀の鈴

東京駅構内の待ち合わせスポットとして50年近い歴史を持つ銀の鈴。時代とともに代替わりを重ね、現在の鈴は4代目にあたります。場所も当初の南乗り換え改札口前から八重洲地下中央口改札内に改められ、毎日たくさんの人が銀の鈴広場を待ち合わせに利用しています。

onion 編集部 / 919 view

【東京駅周辺スポット情報】帝国ホテル

エリザベス女王やマリリン・モンロー、ベーブ・ルースなど国内外の賓客やVIPも訪れる帝国ホテル東京。その歴史は明治時代からと古く、今では当たり前のホテルウエディングやバイキングレストランもここから始まりました。日本の代表的なホテルであり、「ホテル御三家」の一つに数えられています。

onion 編集部 / 1000 view

LINE Twitter Facebook

関連するキーワード

キッテグランシェまとめアプリ