和洋折衷で荘厳な丸の内の駅舎

新橋と上野を結ぶ高架鉄道の中央停車場として計画された東京駅が開業したのは1914年(大正3年)のこと。皇居の正面にあたる丸の内に、地上3階、地下1階建ての赤レンガ造りの荘厳な駅舎が建設されました。ルネサンス建築の駅舎の南北にはドーム天井を持つ八角形の大広間があり、内部には十二支や兜、鎧といった日本的なデザインの装飾が施されました。


戦災からの修復工事で2階建てに

1919年(大正8年)に中央本線が、1925年(大正14年)に東北本線が乗り入れ、徐々に発展していく東京駅。1929年(昭和4年)には八重洲口が完成しましたが、東京大空襲により東京駅は甚大な被害を受けました。戦後の修復工事では焼失の激しかった3階部分は取り除かれ、南北のドーム天井も丸型から台形に変更。丸の内駅舎は創建当初とは異なる外観になりました。


保存・復原により創建当初の姿に

東海道新幹線の開業、東北新幹線の乗り入れなど拡大、発展を重ねてきた東京駅には、修復工事だけでは不十分であると建て替えの計画がありました。2003年(平成15年)に重要文化財に指定されたこともあり、その計画は「保存・復原」という方針に。2012年(平成24年)に工事が完了し、約100年前の東京駅の姿が再現されました。あわせて東京ステーションホテルと東京ステーションギャラリーも再オープンしています。


まとめ

旅行やビジネスの拠点として毎日およそ70万人(2014年度平均)の利用者を誇る。復原工事が行われ、今も約100年前の荘厳な姿を湛えています。夜間にはライトアップされ、丸の内の夜景に華やかさを与えています。

<DATA>
【住所】東京都千代田区丸の内1-9-1
【営業時間】初電~終電
※ライトアップは日没~21:00
【休み】年中無休
【アクセス】JR東京駅
【駐車場】36台(1,200円/1時間 延長600円/30分) ※東京ステーションホテル
【HP】https://www.jreast.co.jp/tokyostation

※本記事は、2016年4月30日時点の情報です。記事内容が変更になっている場合があります。予めご了承ください。(onion 編集部)

関連するまとめ

【東京駅周辺スポット情報】東京ステーションギャラリー

重要文化財となっている東京丸の内駅舎を身近に感じられる、東京ステーションギャラリー。創建当時のレンガ壁が独自の世界観を生み出す、オリジナリティあふれる美術館です。幅広いテーマの企画展を開催する文化芸術の場としてはもちろんのこと、駅舎内部を眺める東京駅のビュースポットとしても魅力的です。

onion 編集部 / 484 view

【東京駅周辺スポット情報】大丸東京店

2007年(平成19年)に現在地へと移転オープンした東京駅直結の百貨店。日用品からハイブランドまで揃うショッピングフロアはもちろん、お惣菜やスイーツが人気の食品街「ほっぺタウン」や東京駅界隈を一望できる上層階のレストランなど、大丸東京店は様々な魅力にあふれています。

onion 編集部 / 659 view

【東京駅周辺スポット情報】東京駅ラーメンストリート

新幹線、JR各線、地下鉄が乗り入れる東京駅は、1日に平均して100万人以上の人が利用しています。東京駅一番街でひときわ行列を作っている東京ラーメンストリートは、東京を訪れた際に一度は訪れてみたいスポットです。

onion 編集部 / 557 view

LINE Twitter Facebook

関連するキーワード

キッテグランシェまとめアプリ