日々忙しく働くビジネスマンやOLにとって、午後の仕事の活力源にもなるランチ。限られた時間内でサッと食べられる利便性だけでなく、美味しく心とお腹を満たしたいですよね。そこで今回は、バラエティ豊かなキッテグランシェのお弁当の中でも、ランチの楽しみを広げてくれるデリシャスな丼=BOWLスタイルのメニューをお届けします。

満足感たっぷり! こだわりの和風丼

飽きずに食べられる定番ランチメニューとしてまずおさえておきたいのが和風味の丼。単なるあっさり系ではなく、むしろしっかり食べたい日にこそおすすめしたい、満足度高めな2品からご紹介!

大根、人参、ごぼう、れんこんなどの根菜を中心としたたっぷりの具材に、味噌と出汁を加えた和風カレーの丼。辛さ控えめなやさしい味わいで、味噌汁との相性も◎。しっかり食べて午後に備えたい日はぜひお味噌汁とセットでどうぞ。

味噌汁専門店 美噌元
和風カレー丼¥750(税込)

甘辛いしょう油ダレに漬け込んだ鯖、全体をまろやかにする卵黄の漬け、爽やかなアクセントになるみょうがと大葉の薬味。思わず箸がすすむ絶妙なハーモニーで、ご飯250gのボリュームながら女性人気が高い一品。たっぷりのわさびを添えてご堪能あれ。

柿の葉ずし総本家 平宗
胡麻鯖丼¥790(税込)

味わいいろいろ♪ ご当地かつ丼3選

丼の定番のひとつであるカツ丼。東京では甘辛いしょう油ダレに浸した豚カツを卵でとじたものが一般的ですが、ご当地の味が揃うキッテグランシェでは、地域色あふれるさまざまなかつ丼をラインナップ。日替わりで食べ比べて、お気に入りのかつ丼を見つけるのも楽しそう!

名古屋の名物・みそかつを、持ち帰りに便利なボウルスタイルで提供。厳選した南九州産の豚肉は、脂身が甘くやわらかな食感が特徴。さらに自慢のみそだれは、見た目に反してサラサラであっさりとした味わいなので、まんべなくたっぷりとかけて召し上がれ。

みそかつ矢場とん
みそかつ丼¥1,026(税込)

新潟市で古くから食されてきた、卵でとじないたれかつ丼。関東ではなかなか出会う機会がないため「食べてみたい!」と手にとる人が続出。豚カツには新潟県産の越後もち豚を使用。たまり醤油をベースにした甘辛いしょう油ダレが染みた、どこか懐かしい味が評判です。

百米
たれかつ丼¥800(税込)

一見、普通のカツ丼と思いきや、厚めの豚カツと卵の下から野菜炒めが出現! 暑い沖縄で、スタミナをつけるためにカツ丼と野菜炒めをかけあわせたのが始まりなのだとか。沖縄県産豚肉を使用した食べごたえある豚カツに、野菜の甘みが加わり風味もアップ。

沖縄家庭料理 琉球市場 やちむん
沖縄風カツ丼¥650(税込)

やっぱりハズせない! キッテグランシェ限定丼

“限定品”“新感覚”という言葉に反応してしまう高感度な方ならすでにチェック済みかと思いますが……。キッテのオープン以来、他では食べられない希少性と天丼のイメージを覆す新感覚の美味しさで注目を集めているこちらも、ランチボウル選びにおいて見逃すわけにはいきません!

いか、むき海老、細かく刻んだ黄パプリカ、ピーマン、茄子を粒状に揚げてご飯にのせた新感覚天丼。パプリカのほのかな甘みやスプーン使用の食べやすさから、外国人や年配の方にも人気。そのままサクサク感を楽しむだけでなく、煎茶をかけて天茶(お茶漬け)にしても美味!

銀座ハゲ天
ばら揚げちらし天丼¥648(税込)

LINE Twitter Facebook

関連するキーワード

キッテグランシェまとめアプリ