実用性か見映え重視か? センスある品を選ぶコツとは

ギフト商品も多彩に揃うキッテグランシェですが、いろいろあるからこそ、どれにしようか悩んでしまいがち。せっかくなら差がつく一品を選びたい! という方のために、ギフトコーディネーターの冨田いずみさんに選び方のポイントをうかがいました。まずは、真面目な人ほど気にしがちな日持ち問題について。
「日持ちは確かに重要なのですが、それを優先させてしまうと、どこにでもあるつまらないものになりがちなので、賞味期限3日以内なら贈るようにすると選択肢も広がるのでは?」。
 さらに、贈る相手が親しい間柄であっても、気持ちを伝える意味で重要視したいのが見た目。
「パッケージは大事。昔からある定番のものでも新しいものでも、美味しくて売れているものはパッケージも愛着のわく表情を湛えています。やはり一生懸命作られているものは伝わるんですね」。
 こうしたポイントをおさえつつ、さらに贈る相手との関係や渡すシチュエーションも考慮したいところ。シーン別にセレクトしていただいた冨田さんの一押し商品もぜひ参考にしてみて!

久々の団らんを盛り上げる「家族や親戚への帰省土産」

国産の鯖や色鮮やかな鮭などのネタを丁寧に仕込み、渋柿の葉でくるんだ奈良を代表する郷土料理・柿の葉ずし。奈良県産ヒノヒカリなどの厳選素材を使用し、平宗ならではの丁寧な仕事だからこそ出せる風味豊かな味わいは、大切な人への贈り物にもぴったり。
「いまや全国的にもポピュラーなものとなった柿の葉ずしのなかでも、文久元年創業という長い歴史を誇るのがこちらの平宗。家族や親戚という近しい間柄とはいえ、年に数回の帰省は特別なイベント。ひと味もふた味も違うこだわりの品を渡せば、喜ばれるのはもちろん、自分の成長ぶりもアピールできそうですね」(冨田さん)。

柿の葉ずし平宗
柿の葉ずし 贈答木箱20個入
(鯖×10個 鮭×10個¥3,044、鯖×7個 鮭×7個 金目鯛×6個)¥3,314(税込)ほか

蜂蜜を練り込むことで生まれるしっとり柔らかな食感に、新たなファン層も増えていると話題の諸江屋の代表商品・生落雁。和三盆糖の風味豊かな「万葉の花」、だったんそば粉の香ばしさが広がる「風流」、抹茶と粒あんの調和を楽しめる「濃茶楽雁」、淡い塩味の落雁の間に練りようかんをはさんだ「加賀宝生」の4種を贅沢に詰め合わせ。
「江戸末期創業の加賀名菓の伝統継承を担う老舗、落雁を冠する諸江屋の生落雁と言えば、詳しい者でなくても、そのただならぬ趣きは包み箱や菓子の姿からひしひしと伝わって来ます。凄いわね〜、やっぱりひと味違うね!とお茶の時間の語らいが楽しく弾み、まるで一緒に金沢へ旅したような心持ちにいざなってくれそうです」(冨田さん)。

落雁諸江屋
生落雁詰め合わせ
16個箱入り(加賀宝生4個、万葉の花4個、濃茶楽雁4個、風流4個)¥1,728(税込)ほか

差がつく一品で印象UP「上司や取引先へのご挨拶の品」

木漏れ日の碧渓と流れゆく爽やかな風、夏の越後の山の情景を表現した、青梅の香を添えたくずきり風の涼菓。1986年の発売以降、その評判が県外にも口コミで広がり、いまや「新潟の夏といえば流れ梅」といわれる風物詩のような商品に。
「仕事関係の方には、一番に季節の挨拶として夏らしく涼やかさを贈りたいところ。夏のお菓子といえばゼリーや水羊羹が浮かぶ中で、越後の自然を見事に表現したこの清涼感は素晴らしいと思いました。また、梅は目上の方の好まれる味でしょうし、熟成させた梅果汁のさわやかな甘みとまろやかさに加え、つるりとコシがあるくずきり風の食感とあれば、もうこれは二重三重丸かと。本来、会社関係には日持ちするものを選ぶべきですが、それでもあえて選びたい商品力がありました。送らず持参して、お早めにどうぞと挨拶するのも印象UPにつながるのではと思います」(冨田さん)。

新潟大阪屋
流れ梅 6個入¥1,860(税込)〜 ※要冷蔵生菓子です。

北海道の新鮮な空気と水で育つ牛から搾った牛乳のおいしさが際立つ岩瀬牧場のスイーツのなかでも、濃厚な味わいで評判のチーズタルト。シーンを選ばず食べやすいサイズ感も人気の秘密。
「女性上司や女性の多い職場への手土産に最適なのがこちら。タルトのサクッと軽い歯ごたえの後に、プルふわなチーズが口の中でとろける、これは今一番好まれている食感と言っても過言ではありません。また、お皿とフォークがなくても片手でパクッといける食べやすいサイズ感も、忙しいOLさんたちのツボをよくわかっていらっしゃる。午後3時頃、また夕方以降、残業の差し入れ的に届けられるとかなり喜んでいただけると思います」(冨田さん)。

岩瀬牧場
チーズタルト 1個  ¥250(税込)
       3個入 ¥750(税込)
       6個入 ¥1,500(税込)

トークのネタにも役立つ「親しい友人への手土産」

甘口で芳醇な北海道の十勝赤粒、あっさりした甘みとほのかなコクを感じる徳島の七穀みそなど、日本各地の味噌の味を気軽に楽しめる詰め合わせ。お椀に入れて熱々のお湯を注ぐだけのフリーズドライ製法は、忙しい人にも便利なうえ、製造から1年の長期保存OK。可愛いパッケージも評判です。
「ご当地味噌を手軽に色々と味わえるのは、友達同士ではもらって嬉しいアイテム。また手頃な値段で贈る側の懐にも優しいですね。スイーツが苦手な人への贈りものに悩む方も多いですが、味噌汁はハズレなしでおすすめです」(冨田さん)。

味噌汁専門店 美噌元
日本みそ蔵めぐり 7食セット¥1,296(税込)ほか

LINE Twitter Facebook

関連するキーワード

キッテグランシェまとめアプリ