相性のよい素材同士や、料理とドリンクなどを組み合せることで、これまで知らなかった未知のおいしさに出会えることがあるんです。そんな魅惑の組み合わせ=「ペアリング」を、キッテグランシェの人気商品で実践します。

組み合わせ方はいろいろ。偶然発見することも!?

食べ慣れた料理に調味料や薬味をプラスしてみたら驚くほど美味しくなった! とか、飲み物との組み合わせで料理のおいしさが際立つ…なんて発見をした経験、皆さんも一度はあるのでは? そんなふうに食材同士、料理とドリンク、料理と調味料など、相性のいい組み合わせを工夫することでおいしさの幅が広がるのが「ペアリング」の魅力です。そこで今回は、レシピ提案も手がけるフードスタイリスト・遠藤文香さんに、キッテグランシェの人気商品を使ってペアリングをご提案いただきました。予想外の相性の良さに驚くものから、「セットで商品化して!」と言いたくなるほどナイスな組み合わせまで、どれも要チェックなラインナップです。

ちょい足しで大変身!「フード×フード」のペアリング

銀座ハゲ天「ばらあげちらし天丼」
×香味たっぷり大根おろし

粒状に揚げたパプリカやピーマン、茄子といった野菜の甘みと、イカ、海老のプリプリ感をMIXしながら味わえる「ばらあげちらし天丼」。そのまま食べるのはもちろんのこと、お茶をかけて天茶に…という食べ方も人気ですが、さらに新しい味わいに出会えるのが、こちらのペアリング。大根おろしにみじん切りにした大葉と千切りにしたかいわれを混ぜ、唐辛子や山椒入りのピリ辛味の生七味をのせた香味たっぷりの薬味を添えていただきます。
「たれなどで味つけを変えるのではなく、香味野菜をふんだんに使った薬味をあわせ、香りや食感ごとさっぱりと楽しむペアリングです。最初の半分はばら揚げのサクサク感をそのまま堪能して、途中から風味を変化させるのもお得感があっていいと思います」(遠藤さん)

ばらあげちらし天丼¥648(税込)

京のおばんざい野村「京だしひたしシリーズ」
×パクチーとライム

上質な道南産昆布でとった出汁に、素揚げしたなす、伏見とうがらし、大根生酢を漬けた今夏発売の一押し品「京だしひたし」。昆布だしの旨味をしっかり活かしつつ、なんとも予想外な組み合わせの妙を楽しめるのが、パクチー&ライムとのペアリング。
「ライムを軽く搾ってパクチーをのせることで、純和風からエスニックに風味が変化します。意外性のあるペアリングですが、ベトナム料理のフォーでも、やさしい出汁の麺にパクチーとライムを加えますよね。その組み合わせにならいました。パクチーはいま流行の食材でもありますし、苦手でなければ、ぜひ一度お試しを」(遠藤さん)

京だしひたし (写真右奥から時計回りに)なす、生酢、伏見唐辛子 各¥480(税込)

アンテンドゥ「コフレセゾン(ブルーベリー)」
×ゴルゴンゾーラとマスカルポーネのディップ

ピスタチオを練り込んだブリオッシュ生地に、5種類のフルーツ(フレッシュブルーベリー、ストロベリー、クランベリー、グリーンレーズン、レーズンのドライフルーツ)を巻き込んだスイーツのようなパン「コフレセゾン(ブルーベリー)」。フルーツたっぷりのさわやかなおいしさを、大人っぽくアレンジできるのが、ゴルゴンゾーラチーズとマスカルポーネチーズをMIXしたディップとの組み合わせ。
「ディップは、ゴルゴンゾーラ(事前にレンジで軽く温める)1:マスカルポーネ2の割合で混ぜあわせ、パンに塗れるやわらかさに仕上げます。ゴルゴンゾーラの少しクセのある風味がマスカルポーネを混ぜることでまろやかになり、甘いパンながらディップをつけることでワインにもあう大人の味わいに変化します。ディップは野菜につけても美味しいですよ」(遠藤さん)

コフレセゾン(ブルーベリー)¥1,350(税込)

遊び心で新発見♪「フード×ドリンク」のペアリング

ロン・ポワン「ソフトクロカント明太ポテト」
×ロゼワイン

しっとりしたデニッシュ生地に、角切りポテトがゴロゴロ入ったポテトサラダと福岡名物「ふくや」の明太子のピリリとした味わいがよく合う「ソフトクロカント明太ポテト」。そんな人気商品を使ってのペアリングは、遊び心ある発想から誕生しました。
「テーマは色合わせ。明太子とロゼワイン、ともにピンク色ということでペアリングしました」。一般的に、魚介や白身肉には白ワイン、赤身肉には赤ワインが相性がいいと言われていますが、赤よりも軽く、白よりもしっかりしていてクリーンな味わいのロゼは、和食から中華まで幅広い料理にマッチするオールラウンダーなのだとか。
「発想は見た目からですが、明太ポテトのほどよいコクとピリ辛感が、ロゼの豊かな香りとマッチして味の相性もぴったり。休日のブランチや夜食にもおすすめです」(遠藤さん)

ソフトクロカント明太ポテト¥324(税込)

築地ちとせ「天ぷらせんべい」
×生姜シロップのお湯割

甘みのある「鷹爪海老」や、日本三大葱の一つ「岩津ねぎ」などのこだわり食材を使用し、揚げたてのかきあげを表現。サクサクの軽い食感を味わえる「天ぷらせんべい」。細かく砕いてお茶漬けやサラダに散らすなど、料理のトッピングとしての食べ方も人気ですが、今回はあえてお茶菓子として新たなおいしさを引き出すペアリングにトライします。
「食感は軽いですが、かき揚げ風のしっかりした風味があるので、生姜の辛味がいいアクセントになります。とはいえ、お茶請けにするには少し甘みもほしいと思い、生姜のシロップ漬けにお湯を注いだものをあわせました。ピリッとしつつもどこかホッとできる、絶妙なバランス感がポイントです」(遠藤さん)

天ぷらせんべい12枚入¥1,306(税込)

まとめ

食事にお酒のつまみ、お茶請けまで、さまざまなシーンで活用できるペアリングをご紹介しましたが、気になるものは見つかりましたか? これをきっかけに今まで買ったことのなかった商品にトライしたり、お気に入りの商品の新しいおいしさを体験するのはもちろん、今回の記事をヒントにあなただけのオリジナルペアリングを考案してみるのも楽しそうです♪

プロフィール

LINE Twitter Facebook

関連するキーワード

キッテグランシェまとめアプリ